正しいフォームなら少ない回数でも

スクワットは、ヒップアップやウェストラインの引締めなど、ダイエットとしても期待できる効果が多いエクササイズのひとつです。 しかし、辛いだけでほとんど効果を感じられないと思っている人も少なくはありません。 それは、もしかすると正しいやり方ではないのかもしれません。 ダイエットは辛くて効果がなかなか出ないものは、続けるのも大変ですし長続きしないものです。 いつもダイエットを意識しながら続けているスクワットの動作が正しいかどうかは、そのフォームを見るとわかります。 正しいフォームでスクワットができているかを確認してみると良いです。 まず、スクワットで意識しなければいけないポイントは、膝の位置です。 膝がつま先よりも前に出ている状態だと膝に負担が掛かり、すぐに疲れてしまうだけでなく、膝を痛める可能性もあります。 脚の付け根をかかとの方に押し出すイメージで、膝が前に出ないように意識しながらやってみます。 次に意識しなければいけないポイントは、腰です。 膝を曲げた時に腰が反ってしまうと腰に負担が掛かってしまい、本来鍛えられるべき胴体部に対して効果がなくなってしまいます。 お腹は腰を押すようしっかりと腹筋を使い、腰はお腹を押し返すようにしっかりと背筋を使って、胴体を安定させるようにします。 最後に意識しなければいけないポイントは、つま先です。 つま先と股関節、さらには骨盤や上半身は繋がっているので、つま先は体にとって土台のような役目です。 どちらかのつま先が内側に向いていたりると、骨盤の位置が左右均等に保たれず均等に負荷をかけることが出来ません。 このままでは均等に負荷がかからず効果も期待できないので、つま先がしっかりと左右均等になるように立ちます。 正しいフォームでスクワットをこなせば、たとえ少ない回数でもしっかりと鍛えられるようになります。 今までダイエットのために回数ばかりこなして、辛いスクワットをされてきた方はフォームを見直してみると良いです。